診療案内

トップページへ戻る

1)  高脂血症の名前が脂質異常症に変わりました。従来の高脂血症は、総コレステロールが220以上、または空腹時での中性脂肪が150以上、またはHDL(善玉コレステロール)が40以下で指摘されます。そこで善玉が低いのに
高脂血症と呼ぶのはおかしいとして脂質異常症になったのですが、中身は
ほとんど同じです。(健康通信5

2)LDL(悪玉コレステロール)は、今までは簡便な方法として次の式で示されますが、最近になり直接測定が可能になりましたので、逆に総コレステロールは
測定されなくなりつつあります。

LDL(悪玉)=総コレステロール−HDL(善玉)−中性脂肪÷5)
なお中性脂肪が高い場合(おおむね400以上)は、値が実際より低めに計算されます。

3)  悪玉コレステロールか中性脂肪の数値がくりかえし、著しく高い場合や、
他に糖尿病、高血圧症を有する場合、必要に応じて食事指導や運動指導をいたします。肥満のある方には減量をすすめています。なお善玉コレステロールが少ない方には、できうる限り運動療法をすすめています。

4)  投薬に関しては、それぞれの脂質の値、糖尿病などの合併症などの状況を参考にして、適していると思われる薬剤を選択しています。

5)  合併症などの検査

a手足の血管の動脈硬化の検査(血管年齢検査)

   bアキレス腱肥厚の検査(若いときから悪玉コレステロールが高いと、
   厚くなることがあります。)

  c頚動脈のエコー;首の動脈は超音波エコーで直接、血管壁の厚さが測定
  できるようになりました。

  6)2次性高脂血症の検査
  甲状腺ホルモンの異常や、腎臓機能の異常(ネフローゼ症候群など)や、何か  特別な原因による高脂血症が疑われた場合には、その原因を調べ、必要であれば  専門医療機関にご紹介いたします。

7)健康手帳(自家製)をお渡しし検査結果などを記載して、自己管理に
役立てて頂いています。

 *心臓病(狭心症、心筋梗塞、心不全、、不整脈など)や脳卒中(脳梗塞、脳出血など)が疑われた場合、必要性に応じて循環器(心臓病)や脳血管の専門のある病院に紹介させていただいております。

脂質異常症(旧称;高脂血症)の診療に関して

診療案内のページへ戻る

更新:H23年2月13日